上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

習慣的にーとか言っといて気づいたら3日も書いてなかった。
いろいろやってると書き切れないと言うか
書くまでもなくその日その日でいっぱいいっぱいと言うかね。
あとはちょっと別のとこでもブログを書いていて
そっちはcielとしてではないんだけれども。
そっちを書いちゃうとその日はもうこっち書く気が起きないというw

*****

さて、間空いちゃったからまぁその辺のことは置いといて
ひとまず宣伝。HP更新しました!

HP→空の詩

こないだから言ってた曲先の歌詞募集に応募した歌詞をUPしました。
結果が出たのは一昨日なのですが、残念ながら選ばれませんでした。

まぁね、自分では一応前回他の方の曲に応募したときよりは
満足いくものがかけたつもりだったけど…
それでも納得いかない部分やまだまだな部分がたくさんあったので。
選ばれたら勿論嬉しいだろうけど、それでもある程度修正はしたろうしね。

曲先、やっぱり難しいなぁ。でもめげずに次いきます。
締め切り近いものが多くてできるかわからんのだけど…

ちなみにタイトルは「アフターレイン」。
ぜひ読んでみてください^^

それから、今回選ばれなかったものの、作曲者さんから
歌詞に対する感想をいただきまして。
応募作品14作全部に書いていらっしゃるようなんですけど、
私の作品もすごくしっかり読んで解釈してくださっていて。
伝えたかったこともほとんど汲み取ってくださっていて。
かなり嬉しかったので、せっかくだから転載させていただきます。

 cielさん、改めまして、この度はご応募頂きありがとうございました! 今回は他の方の作品を使わせていただくことになりましたが、せめて感想だけでも残させていただきたいと思います。
 直球爽やかな作品ですね! 「傘の内側/ツクリモノの空」とは何事かと最初は思いましたが、なるほど。そんな傘があるんですねぇ。
 この詞のいいなと思ったところは、普通にやってると1サビ後半~2サビの内容でオチにしてしまいそうなところを、さらにもう一歩先まで持っていったところだと感じました。すなわち、
1サビ前半:暗い、雨の「昨日」(「ユーウツだった タイクツだった」)
  ↓
~2サビ :「ユーウツ」からの脱却(「ふさぎこんでた昨日までにも/笑ってサヨナラできそうだよ」)
 という展開だけで、歌詞のハッピーエンドとしては十分成立しそうな感じがするのですが、ここから更に
~ラスト :暗い「昨日」も含めた自己肯定(「ぜんぶぜんぶが わたしだから」)
 と、もう一山作ったところが特徴的だなぁと思います。2サビの内容で終わってしまうと、また次に雨が降りだせば、「ツクリモノの空」に後戻りしてしまう可能性を感じてしまいますものね。
 そして、このラストパートがまたいい。この詞全体を通して、「昨日」と「ユーウツ」と「雨」はどれも同じような意味合いで使われていたと思うのですが、最後の方で初めてこの「昨日」を肯定するフレーズ(「昨日までの泣き虫/いらない なんて もう言わない」)が出てきた後に、今まで一度も出てこなかった虹(「ナナイロのアーチ」)が登場する、ってのがいい。「昨日があるからわたしがあるんだ」ということと「雨が降ったから虹が出たんだ」ということのアナロジーを上手く表していて、お見事です。ものすごくテクニカルなギミックで、狙ってやったのなら上手いし、狙ってなければそれはもう天才だろうと思いましたw
 あと、個人的なお気に入りは2Aメロ後半、「アスファルトの 水たまり蹴って/水しぶきが キラリ 光って見えた」の部分。ここが、ちょっと華やか過ぎる感もあるピアノによく合ってていいです。
 それでは、また機会がありましたら、その時はよろしくお願いします!

pp_ピアニッシモ様より


と、いうことで「アフターレイン」、よろしくお願いします!

*****

昨日は夕方からバイトだったんですが、今日はまた一日自宅に引きこもっていました。
なんというか何をするでもなく、漫画読んでテレビ少し観てPC少しやって…
という感じでぐだぐだとお休みを満喫w何もしない日、たまには必要です。
あとしばらーく行ってなかった美容院の予約をしました。数日先ですが。
そんでさっきHPを更新して今はこれを書いています。うん。

*****

そうだ、昨日「僕らの」という漫画を読みました。
お昼頃から読みだして、全11巻をバイト前時間ぎりぎりまでかけて読破。
ちょっとエヴァっぽいです。でもエヴァより直接的なグロさがなくて、だけどエヴァより痛いかも。
エヴァも好きなんですよね。綾波とアスカそれぞれのエピソードが好き。
「僕らの」は千鶴と孝美のエピソードが好きでした。女の子好き(え

エヴァはシンジとアスカとレイって三人の少年少女がいて、
あとは周りのミサトさんカジさんリツコさんゲンドウあたりも
全部絡んでいろんなエピソードがあるんですよね。
「僕らの」は14人の少年少女がいて、それぞれの独立したエピソードがあるんです。
なんていうか、もっと評価されてもいいんじゃないかなーって思ったり。
エヴァの方が先だったのかな?その辺はわからないのですが。
アニメ化もされてたはずなんだけど、「アンインストール」って曲がすごく有名で
私もその曲だけは知ってて、あとから「僕らの」ってアニメを知って
でもなんか、やっぱりそこまで物凄く有名ではないですよね。エヴァとかガンダムみたいに。
どっちもそれぞれの良さがあると思うから、エヴァがあれだけ大衆に受け入れられたのなら
「僕らの」のもう少し有名になっても良さそうなものなのになーなんて。
キャラが多いのが駄目なんですかね。うーん。

ちなみに割と最後まで救いのない鬱々としたお話でした。
いや全く救いがないわけじゃないし少年少女たちはそれぞれ
結構自分の問題を解決したりするんですけど。でもどうしようもない部分もあるから。

バイト行く時間ぎりぎりに読み終わって、バイト行く道々
「アンインストール」聴いてたら気分がすごい重くなりましたww
でもなんか良かった。結構好き。いつかアニメも観たいかな。
興味持たれた方はぜひ。

*****

さて、そろそろこれを書くのやめて新しい曲先応募のためのデモ聴こうかなー
私並行していろいろかけないみたいで、一つかきあげたら
しばらく時間置かないと駄目みたいなんですよね(笑)
なので30日に「アフターレイン」をかきあげてから
まだ次のやつは何もとりかかってません。
でもきっと、そろそろ大丈夫なはず!

どうでもいいけど今聴いてる曲が好きすぎてリピート止まらない。
TOKOTOKO(西沢さんP)さんの「フライトタイム」。「わかってるんだよ、バカ」。

ではではー。
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 空のように..., All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。